アフリカ開発の長い道 日本の助力実るか

三原朝彦・自民党国際協力調査会長
  • 文字
  • 印刷
三原朝彦氏=高橋恵子撮影
三原朝彦氏=高橋恵子撮影

 今夏8月28日から3日間、第7回アフリカ開発会議(TICADⅦ)が前々回同様、横浜で開催されます。1993年から始まったこの国際会議は当初5年ごとに日本で開かれていましたが、アフリカ諸国の強い要請もあり、6回目のケニア・ナイロビ開催からはアフリカと日本相互に3年ごとに開かれることとなり、今回は横浜となりました。

 国際会議と銘打つ以上、日本に固執せずアフリカの国で開かれて当然とも言えますが、率直なところ、ナイロ…

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1281文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

三原朝彦

自民党国際協力調査会長

1947年生まれ。86年衆院選で初当選。防衛政務次官、党国際局長、衆院原子力問題調査特別委員長などを歴任。日本・アフリカ連合 (AU) 友好議員連盟会長代行。衆院福岡9区、当選8回。竹下派。