水無田気流さんのまとめ

完璧ではない私たち…だからこそ女性議員を 多様な人材必要だ

水無田気流・社会学者・詩人
  • 文字
  • 印刷
水無田気流さん
水無田気流さん

 「女性候補数、国際水準に届かず 減らした党をどう評価?」にご意見を賜り、誠にありがとうございました。今回の参院選では、女性議員数は28人当選で前回と同数、ただ改選議席が増えた分当選者に占める女性議員割合は前回の23.1%よりやや低下して22.6%となりました。政党別に見てみると、共産党42.9%、立憲民主党35.3%など候補者に占める女性割合が高い政党は結果的にも高くなった一方、自民党17.5%、公明党14.3%と与党では低さが際立ちました。

 さて、みなさまからいただいたコメントは、①男女の区別なく適任者がなるべきだ(「数合わせ」を優先し、…

この記事は有料記事です。

残り2481文字(全文2755文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

水無田気流

社会学者・詩人

1970年生まれ。国学院大教授。専門は文化社会学、ジェンダー論。著書に「『居場所』のない男、『時間』がない女」など。詩人として、詩集「音速平和」で、中原中也賞を受賞。ブログ http://d.hatena.ne.jp/minashita/ 、ツイッター @nonaioyaji
。本名の田中理恵子名義でも執筆。