オアシスのとんぼ

輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

澤田克己・外信部長
  • 文字
  • 印刷
ソウルの日本大使館敷地前での水曜集会に「NO 安倍」Tシャツで参加する人々=2019年8月14日、澤田克己撮影
ソウルの日本大使館敷地前での水曜集会に「NO 安倍」Tシャツで参加する人々=2019年8月14日、澤田克己撮影

 ソウルでタクシーに乗ったら、運転手さんが「お客さん、どこから来たの?」と聞いてきました。日本だと答えると、いきなり「韓国人は日本人を好きだって分かってますよね」と言われて面食らいました。「政治家が悪いんだよ。安倍(晋三首相)も、文在寅(ムン・ジェイン、大統領)もどっちもダメだ」と続きます。

 他の運転手さんからは「数日前に日本人客を乗せたら、少しおびえてる感じだった。親切に対応したら安心してくれたみたいだけど」とも聞きました。現在の日韓関係悪化は指導者2人に責任を押し付けて済むようなものではないのですが、運転手さんたちの話は率直な庶民感情の表れなのでしょう。

 13日からソウルに来ています。いろいろな人に会ったり、慰安婦の日(14日)や光復節(15日)に合わ…

この記事は有料記事です。

残り2409文字(全文2741文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

澤田克己

外信部長

1967年生まれ。埼玉県狭山市出身。91年入社。ソウル支局やジュネーブ支局で勤務した後、論説委員を経て2018年から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』、『韓国「反日」の真相』、『新版 北朝鮮入門』(共著)など。