ベストコメント

編集部の<秀逸>「歴史嫌い」さん

  • 文字
  • 印刷
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影

投稿元の記事

自衛権の範囲を縛る「護憲のための改憲」目指す

「歴史嫌い」さんのコメント

 安倍政権の解釈改憲批判以外は、あまり共感できない。自民党は悲願で9条を変えたいのだろうが、今の「日米同盟」も自衛隊の活動範囲拡大を後押ししている。アメリカは間違いなく、自衛隊を米軍太平洋アジア戦力の一翼として期待するものだから、9条の変更は、「日米同盟」の強化に沿って武力行使の限定とは正反対の方向でデザインされるだろう。国際情勢の変化に対応、という名目の元に。法文は、どれだけ詳細に書いても全ての事態に対応はできない。必然的に解釈は生じる。武力行使の範囲を限定したつもりでも、実質的に活動の自由度を高めただけということもあり得る。玉木氏の指摘通り、既にその前例は作られた。だからあの解釈改憲は問題なのだ。私は、自衛隊の存在根拠として、憲法の認める平和的生存権を挙げる意見に魅力を感じる。変えるより、問題点を論うより、まず現行憲法の評価をすべきだ。憲法の不備より、政治家の不誠実の方がはるかに問題だ。