ペット「闇処分」を無くしたいなら投票に行こう

塩村あやか・参院議員
  • 文字
  • 印刷
塩村文夏氏=内藤絵美撮影
塩村文夏氏=内藤絵美撮影

 20代の時に動物愛護団体の飼い主(猫の里親)募集に応じて黒い子猫をもらった。女性の1人暮らしには譲渡しないという決まりがあって、団体の人に家に4回ぐらい来てもらい、自宅での仕事が多いということを納得してもらって引き取った。

「殺処分ゼロ」

 とても可愛くて、もし私が引き取らなかったら殺処分されていたということを知ってしまった。それで、その団体の手伝いを始めた。一時的に預かって責任ある飼い主を探して引き取ってもらうという活動をしていた。一度預かると、とても殺処分にすることは考えられなくなる。できる限り一生懸命やった。

 殺処分を減らすために政治家に働きかけているうちに、自分でやったほうが早い、と思うようになった。蛇口が開きっぱなしになったまま水をすくっていても追いつかない。2013年に東京都議になって取り組むと反響が大きく、「殺処分ゼロ」は人気政策となり、行政殺処分0に近づいた自治体も多くなった。小池百合子氏も「殺処分ゼロ」を掲げて都知事になった。

増えた「闇処分」

 ただその裏で「闇処分」が増えたことも確かだ。「終生飼養」といえば当たり前のことではあるが、実態としてはケージを積み重ねたような劣悪な環境で死ぬのを待っていたり、売れ残りを繁殖に使った後「引き取り屋」に渡してしまったりする。その後はどうなるかわからない。

 背景には日本の動物愛護に関する法規制の緩さがある。欧米ではケージの高さが「…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1405文字)

塩村あやか

参院議員

1978年生まれ。放送作家、東京都議を経て2019年参院初当選。参院東京選挙区、当選1回。立憲民主党。