浅尾慶一郎「将来を語る」

21世紀版「和魂洋才」が「所得倍増」への道筋

浅尾慶一郎・元衆院議員
  • 文字
  • 印刷
浅尾慶一郎氏=太田康男撮影
浅尾慶一郎氏=太田康男撮影

 日本のために、「所得倍増」を!と大上段から前回の寄稿で訴えました。その本旨は「国力を高めよう」ということです。

 高度成長期の日本では「右肩上がりの成長」が当たり前でした。終戦の荒廃から立ち上がり平成元年には“Japan as No.1”と称賛される国になりました。残念ながら、今の日本をそうした言葉で表現する外国はありません。

 もちろん、バブル期にはバブル期の問題もありました。土地が高騰し若者は持ち家をあきらめ、物価高が生活…

この記事は有料記事です。

残り2157文字(全文2371文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浅尾慶一郎

元衆院議員

1964年生まれ。87年日本興業銀行入行、98年参院議員初当選(神奈川選挙区)、2009年衆院初当選(比例南関東)。17年衆院選で落選。みんなの党政調会長、幹事長、代表を歴任した。外交安保の政策通として知られる。