前原誠司の直球曲球

国民と立憲 連立視野に政権構想が必要

前原誠司・元外相
  • 文字
  • 印刷
前原誠司氏=太田康男撮影
前原誠司氏=太田康男撮影

 先の参院選が低投票率だったのは、政治が「面白くない」からだ。れいわ新選組やNHKから国民を守る党が一定の支持を得たのも、有権者の関心をひきつける訴えをしたからだ。

 逆に言えば、既存政党は与党も野党も積極的に応援したいと思わせるものがなかった。国民民主党は比例代表での獲得議席数が3だったことは深刻に受け止めるべきだ。立憲民主党も2017年衆院選の勢いが続かなくなっている。

この記事は有料記事です。

残り1751文字(全文1938文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

前原誠司

元外相

1962年生まれ。京都府議を経て、93年衆院初当選。外相のほか、国土交通相、国家戦略担当相などを歴任。民進党代表として希望の党との合流を主導した。衆院京都2区、当選9回。国民民主党。京大法学部で高坂正堯教授(故人)のゼミに所属し、外交安保を得意分野とする。