参院新人議員に聞く

「議員特権」に疑いの目忘れず 家計から政治を改革

梅村みずほ・参院議員
  • 文字
  • 印刷
梅村みずほ氏=青木純撮影
梅村みずほ氏=青木純撮影

 日本が国際社会で生き残っていくためには、自分の意見を大切にし、その意見をきちんと相手に伝えられる人材を育てる必要があると考えてきた。フリーアナウンサーだった経験を生かし、幼少期からコミュニケーション能力を高めていくための教育プログラムをつくろうとしていたが、知人から「それは本来、政治がやるべきことでは」と言われ、衝撃を受けた。そうか、その手があったのか、と。世の中のために必要だと思うことを実践するのに、政治家になるのも一つの手段だと気づいた。

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1417文字)

梅村みずほ

参院議員

1978年生まれ。JTBを経てフリーアナウンサーとして活動。出産後はアナウンサーの仕事を離れ、2017年から話し方教室を運営。19年参院初当選。参院大阪選挙区、当選1回。日本維新の会。