維新は「改憲勢力」でも自民と同じではない

片山虎之助・日本維新の会共同代表
  • 文字
  • 印刷
片山虎之助氏=宮本明登撮影
片山虎之助氏=宮本明登撮影

 先の参院選でいわゆる「改憲勢力」が3分の2を割ったが、私はむしろこの方が議論は進む可能性があると思っている。3分の2があると、反対派は強行採決をされるのではないかと思って警戒し、徹底的に抵抗する。

 3分の2がなくなれば強行採決はできないので、結果的に双方とも柔軟になって現実的な話し合いができるようになる。3分の2はこれまで、これで改憲可能と言い過ぎてかえってネックになっていたのではないか。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文983文字)

片山虎之助

日本維新の会共同代表

1935年生まれ。58年自治庁入庁。89年参院初当選。郵政相、自治相、総務相、自民党参院幹事長などを歴任。参院比例、当選5回。