3分でわかる政治の基礎知識

自民党役員の仕事は?

  • 文字
  • 印刷
自民党役員会に臨む二階俊博幹事長(前列右)と岸田文雄政調会長(同左)=東京都千代田区の自民党本部で2019年(令和元年)9月3日、川田雅浩撮影
自民党役員会に臨む二階俊博幹事長(前列右)と岸田文雄政調会長(同左)=東京都千代田区の自民党本部で2019年(令和元年)9月3日、川田雅浩撮影

 自民党の場合、党総裁(安倍晋三首相)以外の主な党役員は幹事長、政調会長、総務会長、選対委員長の4人です。「党4役」と呼ばれます。

幹事長「選挙の陣頭指揮」

 幹事長は党総裁に次ぐNO2です。総裁が首相である場合は細かい党務には関われないため、党務全般をみます。党のカネも握っており、4役のなかでも飛び抜けた力を持ちます。

 重要なのは選挙の陣頭指揮です。各地の応援演説に回るだけではありません。公認候補の決定にはじまり、重…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文865文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら