N国の手法は政治の冒とく

杉尾秀哉・立憲民主党機関紙・報道局長
  • 文字
  • 印刷
杉尾秀哉氏=高橋恵子撮影
杉尾秀哉氏=高橋恵子撮影

 参院選で「NHKから国民を守る党」が議席と政党要件を得たが、私はこの政党のやり方には賛成できない。NHK以外の主義主張は問わず誰でもいいから地方議員を当選させ、とにかく国政で1人当選させる。また、立花孝志党首自身も地方議員を渡り歩いてきた。こういうやり方自体が地方自治と政治を冒とくしていると思う。

不満の受け皿になった可能性

 ただ、れいわ新選組と共通する部分も違う部分もあると思うが、少なくとも今の政治に対して不信感を持っている層がかなりいることは間違いない。そこに「NHKをぶっ壊す」という分かりやすいワンイシューを提示することで、「おもしろいから入れてみよう」「何か変えてくれるかもしれない」と期待を持たせた。今の政治に対する不満の受け皿になった可能性は十分ある。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1308文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

杉尾秀哉

立憲民主党機関紙・報道局長

1957年生まれ。TBSワシントン支局長、報道局社会部長などを経て2016年参院選で初当選。民進党国対副委員長、広報局副局長などを歴任。長野選挙区、当選1回。