「子どもの貧困」みえにくい日本

田島麻衣子・参院議員
  • 文字
  • 印刷
田島麻衣子氏=須藤孝撮影
田島麻衣子氏=須藤孝撮影

 1995年、大学に入学してすぐの18歳の時に、フィリピンの貧困地域を2週間訪問した。最初の1週間は農村地域でたしかに貧しかったが、自殺者が出るような悲壮感はなかった。衝撃を受けたのは都市部の著名な貧困地域であるスモーキーマウンテンを訪れた時だった。

忘れられない子どもの目

 車で行くと子どもたちが近づいてきて窓をたたく。少し開けたらものすごいにおいがして、思わず閉めてしまった。

 その時に私を見た子どもの冷たい目が忘れられない。とてもさめた、感情のない目だった。自分は貧困問題に興味があるなどと言っているけれども、安全なところで育ち、安全なところにいて、本当に空間を共有する覚悟はなかったと思い知らされた。

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1770文字)

田島麻衣子

参院議員

1976年生まれ。国連の世界食糧計画(WFP)を経て、2019年参院初当選。参院愛知選挙区、当選1回。立憲民主党。