悩んだ「処理水海洋放出」 風評被害は政府が責任を持つ

原田義昭・前環境相
  • 文字
  • 印刷
原田義昭氏=須藤孝撮影
原田義昭氏=須藤孝撮影

 環境相に就任した昨年の秋、東京電力福島第1原発を視察した。高台から見渡すと処理水を保管するタンクが1000個近く並んでいる。知ってはいても実際に見ると大違いだった。

ずっと悩んでいた

 2022年夏ごろには満杯になるという。東京電力の担当者に「いつまでやるのか」と聞いてもはっきりした答えはかえってこない。その時から、この問題をどうすべきか、ずっと悩んでいた。

 環境相としての最後の記者会見で、希釈して海洋放出すべきだという趣旨の発言をして批判を受けた。しかし…

この記事は有料記事です。

残り1515文字(全文1744文字)

原田義昭

前環境相

1944年生まれ。70年通産省入省。90年衆院初当選。厚生政務次官、副文部科学相、衆院外務委員長などを歴任。衆院福岡5区、当選8回。自民党麻生派。