発言詳報

9月10日原田義昭環境相の原発処理水をめぐる発言

  • 文字
  • 印刷
衆院予算委員会で答弁する原田義昭環境相=国会内で2019年2月14日、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で答弁する原田義昭環境相=国会内で2019年2月14日、川田雅浩撮影

 私は今回福島にも何回も出張させていただきました。この福島の出張を通じまして、本当にこの復興の問題は大変だなと、今でもこれは道半ばであって、これから国を挙げてこの問題について取り組まなければいけないなと、本当に現地の皆さんが営々と努力しておられる、こういうことについても、私ども国としてはしっかり対応しなければいけないと思っているところであります。

 いろいろある中で、例えば原発の今保管している水の処理についても、確かにいろんな議論がありまして、真剣に各般の議論がされているところであります。私は、所管は外れますけれども、やっぱりそれを思い切って放出して、それを希釈すると、こういうことも、いろんなことを、選択肢を考えると他にあまり選択はないなと。

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1716文字)