編集部のよびかけ

増え続ける原発処理水をどうする? ご意見募集

  • 文字
  • 印刷
福島第1原発の敷地内に並ぶ処理水貯蔵タンク=福島県大熊町で2019年8月1日、本社ヘリから北山夏帆撮影
福島第1原発の敷地内に並ぶ処理水貯蔵タンク=福島県大熊町で2019年8月1日、本社ヘリから北山夏帆撮影

 政治プレミアでは東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出すべきだという趣旨の発言をした原田義昭前環境相の寄稿<悩んだ「処理水海洋放出」風評被害は政府が責任を持つ>を掲載しました。

 これについては小泉進次郎環境相も発言し、大阪市の松井一郎市長も大阪湾での処理水受け入れの可能性について発言しました。

 すでにさまざまなコメントが寄せられていますが、この問題についてあらためてご意見を募集したいと思います。

 処理水は増え続けているため、放置しておくことはできません。

 必ずしも原田氏、小泉氏や松井氏の発言に関連しなくとも結構です。みなさんのご自由な意見をお待ちしています。

 <皆さんのコメントをまとめた記事はこちら

 <政治プレミアトップページはこちら