3分でわかる政治の基礎知識

「軽減税率」とは

  • 文字
  • 印刷
10月から二つの税率に対応するため、レジを製造する会社では全国のスーパーなどから注文が急増し、工場では出荷を待つレジが並ぶ=岩手県奥州市で2019年9月5日、佐々木順一撮影
10月から二つの税率に対応するため、レジを製造する会社では全国のスーパーなどから注文が急増し、工場では出荷を待つレジが並ぶ=岩手県奥州市で2019年9月5日、佐々木順一撮影

 10月1日から消費税率が8%から10%に引き上げられ、同時に軽減税率も導入されました。外食・酒類をのぞく飲食料品や定期購読の新聞の税率が8%に据え置かれます。

低所得者の負担軽減

 もともと、消費税は低所得の人ほど負担が重いという指摘がありました。生活必需品などを買う際に、所得の低い人でも所得の高い人と同じ税額を払うことになるからです。軽減税率はこの指摘に応じたものだと言えます。

 20%以上の消費税(付加価値税)率が珍しくない欧米では食品や新聞などへの軽減税率はすでに多くの国で…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文587文字)