欧州ニュースアラカルト

私が見たグレタさん 初めてだった怒りの表情

八田浩輔・外信部記者
  • 文字
  • 印刷
国連気候行動サミットで演説するスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん=米ニューヨークの国連本部で9月23日、AP
国連気候行動サミットで演説するスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん=米ニューヨークの国連本部で9月23日、AP

 ニューヨークで見たグレタ・トゥーンベリさんは怒っていた。冷静に知的な言葉をつむいできた彼女が感情をむき出しにする姿を見たのは初めてだった。「How dare you」(よくもそんなことを)と繰り返すあのスピーチの舞台となった国連本部は、9月下旬だというのに上着を着ても肌寒いほどに冷房がきき、「気候危機」を語るのにふさわしい場とは言えなかった。

 目の前にいる各国の政治指導者たちは、子供の声に耳を傾ける理解者のような顔をしてふんぞり返っている。スピーチの合間にぱらぱらと起きた賛辞とも戸惑いともつかない拍手が、彼女の怒りを一段とエスカレートさせたように見えた。

この記事は有料記事です。

残り2100文字(全文2381文字)

八田浩輔

外信部記者

科学環境部、ブリュッセル特派員を経て20年8月から外信部。欧州時事や気候変動をめぐる政治・社会の動きをウォッチしています。科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(新潮文庫)。