3分でわかる政治の基礎知識

元徴用工問題の「原因」 日韓基本条約とは

  • 文字
  • 印刷
北京郊外・古北水鎮のホテルで会談に臨む河野太郎外相(左)と韓国の康京和外相=2019年8月21日、秋山信一撮影
北京郊外・古北水鎮のホテルで会談に臨む河野太郎外相(左)と韓国の康京和外相=2019年8月21日、秋山信一撮影

 1965年に結ばれ、日韓両国の国交正常化を定めたものです。日本は51年のサンフランシスコ講和条約で国際社会に復帰しましたが、南北が分断されていた北朝鮮、韓国とは国交が正常化されていませんでした。日本の戦後処理の一環だといえます。

 韓国を朝鮮にある唯一の合法的な政府であると確認し、日韓併合条約調印の10年8月22日以前に結ばれた条約・協定を「もはや無効」と規定しました。文字通り日本と韓国の基本的な関係の出発点となりました。

 日韓基本条約と同時に結ばれた請求権協定などで、日本は総額8億ドル(無償3億ドル、政府借款2億ドル、…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文707文字)