3分でわかる政治の基礎知識

総務省と泉佐野市が激突 ふるさと納税とは

  • 文字
  • 印刷
ふるさと納税の6月開始の新制度から除外され、記者会見で発言する泉佐野市の八島弘之副市長=同市役所で2019年5月17日、鶴見泰寿撮影
ふるさと納税の6月開始の新制度から除外され、記者会見で発言する泉佐野市の八島弘之副市長=同市役所で2019年5月17日、鶴見泰寿撮影

 地方で育った多くの人が東京などの大都市で働いています。教育など地方の財源によって育った人が納税は大都市でするという構図があります。

 ならば、東京などで働いていても育った自治体に恩返しできる制度としてふるさと納税が考えられました。年収や寄付額に応じて所得税と住民税から控除されるので、実質的には税を自治体間で移転する効果があります。

 納税者が納税先を主体的に選択できる意味があり、納税意識の高まりが期待されました。自治体に自助努力を…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文756文字)