クトゥーゾフの窓から

北の島々は(7) 立ちふさがる国際情勢 「天の時」は訪れるのか

大前仁・モスクワ特派員
  • 文字
  • 印刷
6月に大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席したプーチン露大統領。日本国内ではプーチン氏の訪日に先立ち、平和条約交渉の進展に向けた期待が高まったが、交渉は停滞している=大阪で2019年6月29日、大前仁撮影
6月に大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席したプーチン露大統領。日本国内ではプーチン氏の訪日に先立ち、平和条約交渉の進展に向けた期待が高まったが、交渉は停滞している=大阪で2019年6月29日、大前仁撮影

 日本とロシアは年初から平和条約交渉を始めたが、袋小路に入っている。安倍晋三首相は条約締結を諦めない考えを繰り返すが、国際情勢を眺めると、交渉を後押しするような「天の時」を得られていない。現状を振り返り、今後の展望を探ってみた。

 「領土問題を解決して、平和条約を締結する。1956年(の日ソ共同)宣言を基礎として、交渉を次の次元へと進め、日露関係の大きな可能性を開花させていく」。安倍首相は10月初旬の所信表明演説で、平和条約交渉への意欲を改めて表明した。

 対露交渉を諦めない安倍首相の意向は、9月の内閣改造に伴う人事に反映したとみられている。2014年か…

この記事は有料記事です。

残り2126文字(全文2404文字)

大前仁

モスクワ特派員

1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。