分身ロボット利用から多様性を包み込む社会へ

平将明・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
平将明衆院議員=高橋恵子撮影
平将明衆院議員=高橋恵子撮影

 先般の参院選で、舩後(ふなご)靖彦議員と木村英子議員が当選した。オリィ研究所が開発した「OriHime」のようないわゆる「分身ロボット」の国会での活用を提唱している。OriHimeは、Wi-Fiを使って通信し、手元のタブレット端末などで遠隔操作するロボットだ。額にカメラが付いていて、頭を左右に振ったり、手を動かしたりできる。

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1477文字)

平将明

衆院議員

1967年生まれ。東京青年会議所理事長などを経て、2005年衆院初当選。自民党情報調査局長、経済産業政務官、党内閣第2部会長などを歴任。衆院東京4区、当選5回。自民党石破派。