日米貿易合意は米国のTPP復帰への光

斎藤健・元農相
  • 文字
  • 印刷
斎藤健氏=高橋恵子撮影
斎藤健氏=高橋恵子撮影

 日米貿易合意の結果については、当事者たる日本自動車工業会や全国農業協同組合連合会のコメントに見えるように、国内の産業益を守りえたと言えよう。

 自分は、かつて通商産業省勤務時代に、最も厳しかった米国との通商交渉を担当した経験から、通商交渉については相当厳しい見方をする方であるが、自動車交渉と農林水産業交渉の両方を経験した目で見ても、今回の合意は評価されるものと断言できる。

珍しく優位なポジション

 その上で、産業益ではなく、国益の観点から大局的コメントをしたい。

 まず、今回の合意が得られたバックグラウンドであるが、以下の3点を指摘できよう。

 ・ 牛肉の米国から日本への輸…

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1299文字)

斎藤健

元農相

1959年生まれ。経済産業省、埼玉県副知事を経て2006年衆院千葉7区補選に出馬し惜敗。09年衆院初当選。衆院当選4回。自民党石破派。著書に「転落の歴史に何を見るか--奉天会戦からノモンハン事件へ」(筑摩書房)。