玉木雄一郎「新しい政治」

消費増税は「悪政のてんこ盛り」 廃止も議論する

玉木雄一郎・国民民主党代表
  • 文字
  • 印刷
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影

 私が消費税の税率引き下げに言及したのは、なにもれいわ新選組が税率5%を掲げているからではない。国民民主党の経済政策の基本は、家計の可処分所得を増やして消費を軸とした経済の好循環を作ることだ。

消費を伸ばすために

 これからの日本経済は輸出に頼ることはできなくなる。内需がますます重要になり、なかでもGDP(国内総生産)の6割を占める消費がカギになる。

 アベノミクスは大企業を中心として好循環を回そうとしたが、スタート地点を家計に変える。家計が充実して…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1032文字)

玉木雄一郎

国民民主党代表

1969年生まれ。93年大蔵省入省。2009年衆院初当選。民主党政調副会長、民進党幹事長代理、希望の党代表などを歴任。衆院香川2区、当選4回。早くから民主党若手のホープとして知られた。実家は兼業農家で農政通でもある。