編集部のまとめ

皇位の継承は危機にある

  • 文字
  • 印刷
天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」で、皇居を出発される天皇、皇后両陛下=皇居前広場で2019年11月10日午後3時4分、丸山博撮影
天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」で、皇居を出発される天皇、皇后両陛下=皇居前広場で2019年11月10日午後3時4分、丸山博撮影

 <女性天皇 認められるか ご意見募集>に多くのご意見をいただきました。ありがとうございます。

 大きく分けて「女性天皇も女系天皇も認める」「女性天皇は認めるが、女系天皇は認めない」「女性天皇も女系天皇も認めない」の三つの意見があったと思います。

 「女性天皇も女系天皇も認める」意見としては「男系女子は前例があるからOK、でも女系は前例がないから今はダメ、というのは問題の先送りに過ぎないので、なるべく早く皇室典範を双系継承(男系+女系)に改正すべきだと思います」(「和智」さん)がありました。

 「女性天皇は認めるが、女系天皇は認めない」意見としては「男系女子に限るなら歴史的な前例があるので女性天皇を認めても良いと思うが、女系の天皇を認めることは前例がないため、皇室のあり方そのものを変えてしまいかねず、安易に認めるべきではないと思う」(「まーくん」さん)がありました。

 「女性天皇も女系天皇も認めない」意見としては「papageno」さんの「日本の天皇は、お父さんを遡(さかのぼ)ったときに、神武天皇にたどり着かなければならない」という意見や「皇室をお守りするためには旧宮家の復活が最も良い案」(「原」さん)がありました。

放置はできない

 少なくともコメントをここに書いていただいたみなさんならば、意見の違いにかかわらず、ほぼ賛成できる…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文1164文字)