田原総一朗さんのまとめ

温暖化の時代「防災省」は不可欠だ 環境省にも権限を 石破さん寄稿に

田原総一朗・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
田原総一朗さん
田原総一朗さん

 石破茂さんの寄稿「災害大国への処方箋は『防災省』と『地方創生』だ」について、たくさんのご意見、ありがとうございました。自然災害が相次ぐ中、皆さんが危機感を共有し、防災省構想についても多くの方が賛同していると感じたが、もう一つ、指摘したいことがある。

 現状の大きな問題の一つは、災害多発と地球温暖化に強い関係が見られるにもかかわらず、環境省に権限がないことだ。例えば、二酸化炭素(CO2)を大量に排出する石炭・石油火力発電を世界中で減らすにはどうすればいいか。かつては、「原発を増やす」という解決策があったが、福島第1原発事故を経て情勢は変わった。中長…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文691文字)

田原総一朗

ジャーナリスト

1934年生まれ。司会を務める「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)は放送32年目。近著に「平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか」(猪瀬直樹氏と共著)。公式サイトhttp://www.taharasoichiro.com/、ツイッター @namatahara