世論調査に答えると… 7割が謝礼よりも寄付選ぶ

鬼木浩文・世論調査室長
  • 文字
  • 印刷
世論調査の結果を伝える毎日新聞朝刊(2019年10月28日付)
世論調査の結果を伝える毎日新聞朝刊(2019年10月28日付)

 報道各社が実施している郵送法による世論調査などでは、協力への謝礼として回答者に図書カードなどを贈ることが一般的です。この謝礼相当額を、回答者が希望すれば社会事業団体などへの寄付に代えることができるのが「寄付つき世論調査」と呼ばれるタイプの世論調査です。

 毎日新聞は2013年、埼玉大学社会調査研究センターと共同で実施する時事問題に関する世論調査「日本の世論」で初めて本格的に導入しました。この調査では、寄付先として①あしなが育英会②日本赤十字社③毎日新聞東京社会事業団--の3団体を提示し、それぞれの団体を選んだ回答者の人数に応じて1人当たり500円を毎日新聞社が寄付します。回答者は、寄付ではなく…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文695文字)

鬼木浩文

世論調査室長

1965年熊本県生まれ。89年入社。千葉支局、政治部、西部報道部、前橋支局次長、政治部副部長・編集委員、宇都宮支局長、社会部編集委員などを経て2017年10月から現職。