金正恩委員長、白頭山騎馬視察の狙い

坂井隆・北朝鮮問題研究家
  • 文字
  • 印刷
白馬に乗って両江道の白頭山を登る金正恩朝鮮労働党委員長。日時は不明=朝鮮中央通信・朝鮮通信
白馬に乗って両江道の白頭山を登る金正恩朝鮮労働党委員長。日時は不明=朝鮮中央通信・朝鮮通信

 北朝鮮の報道機関は12月4日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が軍総参謀長、軍団司令官らとともに軍馬に乗って、白頭山山頂及び同地に散在する「革命戦跡地」(金日成主席による抗日武装闘争ゆかりの地、とされる場所)を視察したと報じた。同日、党中央委員会総会の12月下旬招集が決定(3日付)されたことも明らかにされた。

 内外の報道では、これらの出来事を北朝鮮の強硬路線への転機とする見方が多く出ている。背景には、以前に「金委員長が白頭山で重大決断を行った」とされる例があること、北朝鮮が最近、米朝交渉の期限とした年末に向け外交関係者の談話などを通じ米国の譲歩を繰り返し促してきたことなどの事情がある。

 しかし、それらの出来事について関連報道の内容やその前後の金委員長の動向などを検討すると、別の意義が浮かび上がってくる。

白頭山では、「革命伝統教育」の徹底強化を指示

 北朝鮮の報道によると、金委員長は、白頭山を視察中、各層人民が同地区を実際に巡回することによる「白頭山地区革命戦跡地踏査を通じた革命精神武装事業」を従来以上の水準で大々的に充実・強化するよう指示した。

 さらに「帝国主義者の前代未聞の封鎖圧迫策動の中で、我が党が提示した自力富強、自力繁栄の路線……に総まい進している我が革命の現情勢と環境、革命の艱苦(かんく)性と長期性に伴う必須的要求」に基づき、「革命伝統教育を一層強化」するための「大綱領」を示したとされる。

 以上の報道からは、金委員長の白頭山視察が、対北朝鮮制裁の長期継続を視野に、人民を「抗日パルチザン闘争」の精神で武装させ「自力更生」への献身を促す思想教育の強化を狙いとするものであったことがうかがわれる。

 なお、興味深いのは、金委員長がそういった思想教育の対象として「党員、勤労者、人民軍軍人、青年学生」だけでなく、「革命の指揮メンバー」についても言及していることで、金委員長の幹部に対する不満も垣間見ることができる。

同時期に経済建設関連の諸行事にも出席、実績を誇示

 次に、金委員長の白頭山視察前後の行動を見ると、白頭山がある三池淵郡の中心地区整備工事の完工式への出席(2日)及び、隣接する咸鏡北道の仲坪野菜温室工場・育苗場の操業式への出席(3日)が報じられている。

 両工事とも、かねて金委員長じきじきの指導の下、軍部隊を大々的に動員し、壮大な規模で実施されてきたものであ…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文1596文字)

坂井隆

北朝鮮問題研究家

1951年生まれ。78年公安調査庁入庁、北朝鮮関係の情報分析などに従事、本庁調査第二部長を最後に2012年退官。その後も朝鮮人民軍内部資料の分析など北朝鮮研究を継続。共編著書に「独裁国家・北朝鮮の実像」(2017年、朝日新聞出版)、「資料 北朝鮮研究Ⅰ 政治・思想」(1998年、慶応義塾大学出版会)など