香山リカさんのまとめ 公立病院再編 問題の本質は「市場主義」

香山リカ・精神科医
  • 文字
  • 印刷
香山リカ氏=平野幸久撮影
香山リカ氏=平野幸久撮影

 9月、厚生労働省が再編・統合を促す公立・公的病院名を公表した。全国424もの医療機関が対象となった。団塊の世代が後期高齢者になる時期を迎えるのを前に、赤字が膨らむ公的病院に手を入れ、医療費抑制を図るのが狙いと考えられる。

 厚労省のこの動きに以前から警戒してきたという高橋千鶴子衆院議員は、病床稼働率などをデータとした今回の決定を「地域の実情なるものは反映しようがない」「採算で測れない地域医療だからこそ、公的病院が必要なのに」と批判する論考を書いた。それに対して、多くの読者から真剣なコメントが寄せられた。医療は誰にとっても身近で大切な問題なのだ。

 高橋議員と同様、「地方だからこそ公的病院はなくてはならない」という意見も多かった。とくに北海道在住のUNICEFおじさんの「北海道は、広大な地域を抱え、交通弱者の健康・いのちの下支えをしている」、大分県在住の限界県からさんの「絶対に病気にならないように、食べるものに気をつけ、適度な運動をして、健康に気をつけるしかない」といった切実な声には説得力があった。

 また最も多かったのが、今回の対象となった病院が「稼働率」など機械的な算出で決定されたことへの反発だ。「過疎地の公共病院は、市場経済の発想で潰すべきではない」(ヤマスキさん)、「弱者切り捨て反対」(いろえんぴつさん)、「教育や医療などの福祉はそもそも利潤の追求とは相容(い)れないものである」…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1479文字)

香山リカ

精神科医

1960年北海道生まれ。東京医科大卒。専門は精神病理学。医師の立場から現代人の心の問題について発言を続ける。立教大学現代心理学部教授。