菅原琢さんのまとめ

桜を見る会「病巣」の正体(後編) 私物化政治が行き着く先は

菅原琢・政治学者
  • 文字
  • 印刷
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」で、乾杯する安倍首相(後列左)、公明党の山口那津男代表(同右)、菅義偉官房長官(中列右から2人目)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日、代表撮影
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」で、乾杯する安倍首相(後列左)、公明党の山口那津男代表(同右)、菅義偉官房長官(中列右から2人目)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日、代表撮影

 前回の記事では政治家が自身の選挙運動のために国や自治体の予算、行政活動を利用している、「私物化」している例をいくつか紹介しました。今回は、利益分配の側面から政治・行政の「私物化」について考えていきたいと思います。

政党は支持層の利益を代表する存在

 支持者への利益供与は、桜を見る会に限る問題ではありません。ただし、意見募集記事で述べたように政治には利益還元の要素はつきものです。先にこの点を整理しておきます。

 武蔵さんは「元々『政治』とはなんでしょう?(中略)本テーマの提言者は『政権に就いた際に支持層に利益を還元するのが政党の使命』とされるが、ここから既に違っている。政治は“国民の安寧”を実現するのが目的」としています。もしかすると、この意見につい賛成してしまう人も多いかもしれません。

 ここで「政党は英語ではpartyといって~」と政治学の授業を始めるつもりはありません。少しだけ述べれば、政治は集団内で衝突する利害の調整、その配分を行う機能や営みを指すものですから、利害は政治の存在理由と言えます。新宿の風さんが述べるように、「政治とは本来意味としてリソース・利益・不利益の分配を執り行うもの」なのです。

 その中で一定の支持層の利害を代表して行動することを期待されているのが政党です。もし政党が支持者への利益分配を目指さないなら、選挙競争や政党間の連立交渉、合意形成など、民主主義の諸相はいずれも成り立たないでしょう。

 もっとも、「国民のため」を標榜(ひょうぼう)する空疎な政治観は日本の政界には根強いようです。野党党首がこういった言葉を当たり前のように発するのを見かけますが、そのたびにだから野党の支持率は低いままなのだと感じます。全体でなく自分のための存在だと感じたときに、人は特定の政党を支持するのですから。

私的利益を追求する議員、公的利益を偽装する政権

 このように、政党が支持者への利益分配を図ることは間違いではないどころか、それが政党とその支持者双方の活動目的でもあるわけです。このような前提で見ると、政府の予算で支持者を歓待した桜を見る会も問題ではないと思えるかもしれません。この点をもう少し考えてみましょう。

 政党は、確かに支持層に対して利益を分配することを目指します。そのために自分たちの影響力を高めようとします。つまり、選挙でより多くの議席を獲得し、政権を目指します。

 このとき、候補者の得票数の多少で当選者を決める制度では、個々の政治家は自分への支持を積み上げ、自身が議席を獲得できるように選挙運動に取り組みます。候補者の当落と政党の議席数は密接に関連しますが、政党と政治家個人の間に目的に齟齬(そご)が生じる可能性があります。政治家個人の目的、利益が政党に対して優位になったとき、不特定多数の公的利益ではなく特定個人の私的利益が追求される可能性が高まります。

 政党を中心とする民主主義(政党政治)が想定するのは、不特定多数の支持層全体の利益にかなうような政策を導入し、その結果として政党が支持と票を獲得するという関係です。一方、桜を見る会では、議員が自分の選挙のために、自分自身の特定の支持者に直接利益供与を行っています。

 hay feverさんが「ウェーバーの『職業としての政治』を読み返しました。政治にとって決定的な手段は権力(暴力)である。どんな立派な目的も、この手段との間には倫理的に大きな緊張がある。早い話が、有権者に支持されなければ政治家にはなれない。そして支持者は、権力に由来する何らかの利益を要求する。政治を行う者は、倫理的には常に危うい綱渡りをしなければならない」と述べたように、見返りを要求する支持者とどう接すべきかは、政治が避けて通ることのできない重大な問題です。

衆院選候補者の応援演説をする政党党首の話を聞く有権者たち=神戸市北区で2017年10月、猪飼健史撮影
衆院選候補者の応援演説をする政党党首の話を聞く有権者たち=神戸市北区で2017年10月、猪飼健史撮影

 しかし、与党議員は支持者の私利に当たり前のように加担しています。政権は、議員が私利に走ることを抑えるどころか、積極的にこれを許し、協力もしています。桜を見る会の例では、「功績・功労を慰労する」と公的利益を偽装し、議員個人とその特定支持者の私利を満足させています。「経済成長のため」としてギャンブル・リゾートを作るのも同様でしょう。

 残念ながら、政権与党である自民党の中にも、その支持者との間にも、支持と利益をめぐる倫理観や緊張感は存在しません。これが桜を見る会の「私物化」が白日の下にさらした、現代日本政治の病巣です。

自民党支持組織関係者が多数受章する春秋叙勲

 もっとも、桜を見る会がわかりやすかっただけで、「私物化」と呼びうる私的利益の供与は日本の政治・行政のあらゆるところに隠れています。桜を見る会は海上に突き出した氷山の一角に過ぎず、海の中に根本原因が潜んでいます。これを理解できなければ、似たような問題が発生し続け、そのうちまた慣れてしまうでしょう。

 たとえば、功績・功労に対して公が報いるという桜を見る会の利益供与の形式は、「私物化」政治を端的に示すものです。同様の例は、政府による春秋叙勲をはじめとして日本全国の自治体で数多く見られます。ただ、現在の桜を見る会とは違って、そして少し前の桜を見る会と同様に、これに真っ向から反対する意見は少ないと思います。

 それでは、どのような功績、功労が報いの対象となっているのでしょうか。たとえば春秋叙勲に関しては、著名人、文化人等の場合はニュースになりますが、細かく追っている人はあまりいないでしょう。下記リンクには2019年秋の叙勲対象者が全員掲載されています。このうち民間人を対象とする「旭日章」について見ると、受章者の名前、どのような分野の功労が評されたのかを示す「功労概要」、これに直接関連する「主要経歴」などが掲載されています。試しにのぞいてみてください。

<参考>令和元年秋の叙勲受章者名簿(内閣府)

 これを見て、たとえば「日弁連副会長と政治評論家が『同格』なのか~」と興味深く読んでもよいですが、議論を先に進めたいと思います。「中綬章以上」の上位の旭日章受章者の経歴を見ていくと、政治家、企業経営者、業界団体の幹部が多くを占めています。「小綬章以下」の都道府県別のリストもその地域版のような感じですが、各地の商工会議所や商店街、町内会・自治会、土地改良事業のような農林水産業関係の組織の代表者、幹部など、地域ならではの受章者も目立ちます。

 これら受章者が代表した組織は、一部を除けば、自民党を支持する団体、保守政界の基礎を形成している業界と重なります。旭日章は、半ば自民党支持組織の功労者を表彰するためのものと言えます。no nameさんは「自民党に投票をしてくれる組織を相手に政治をしているのです。経団連・医師会・宗教団体その他多くの自民党を支持する団体」と例示しましたが、受章者リストを見ればさらに多くの自民党支持組織を知ることができます。

 no nameさんは桜を見る会に関して「支持者・支援者に慰労できて、功績、功労のあった方々を慰労できないとしたら、許せない、哀れである」と嘆きましたが、功績、功労を認定して招待したとしても自民党の支持者ばかりとなる現実は変わらないでしょう。

保守政界と一体化する行政

 ただし、春秋叙勲の民間受章者は所定の手続きにより決められており、言わば「正規ルート」による選出となっています。それなのに受章者、言い換えると政府認定の「功労者」が自民党支持組織関係者ばかりになるのはなぜでしょうか。

 手続き的には、自治体や関係団体の推薦を受けた人が主に受章者となります。また受章理由となる功労の内容はあらかじめ決められています。このとき、「功労」の内容と、「功労」の有無や多寡を認定する判断材料(どの組織で活動したか)とが、ともに自民党に関係しています。長年、産業振興に携わった=商工会議所で会頭となった、保健衛生に携わった=歯科医師会で役職に就いた、などです。

 こうした組織は、国や地方の行政に深く関わり、協力してきました。たとえば地元医師会が、自治体が設立した夜間・休日用の診療所に医師を派遣しているのはその例です。自治体の広報誌の配布や資源回収などを担う町内会・自治会も多いでしょう。日本は人口比の公務員数がかなり少ない先進国ですが、行政能力の不足分をこうした民間の組織が担ってきたわけです。したがって、これらの組織の関係者に行政が褒章を与えることは不思議ではなく、正当性もあるということになります。

 意見募集記事で「観光協会が共催、協賛した祭りの開会式で地元県議にあいさつの場を提供するような例はどうでしょうか」と聞いたところ、no nameさんは「観光協会が共催、協賛行事に市長・地元県議が挨拶(あいさつ)するのは当然」と回答しました。多くの方も同様に感じるかもしれません。

 しかし、市の一地区の観光協会が地元商店街やJAと組んでイベントを開催し、市長や市議ではなく県議を呼んでいるとすればどうでしょうか。そもそも市長や市議であっても、そのイベント開催に関係した、尽力したわけでないのなら、そこでスピーチするのは妙に思います。そこで地区観光協会の役員を調べると、不動産業者・地主、町内会・自治会、JA、商店街など自民党支持組織の関係者、出身者が多数を占めています。さらに、県議のうちの1人がその商店街の中に事務所を持ち、商店街幹部に市議選の候補がいたりすればどうでしょうか。途端に“きな臭く”感じるのではないでしょうか。

 とはいえ、自治体関連、周辺のイベントや事業について調査した結果、このように自民党系の議員や支持組織が各所に登場するのは別に珍しいことではありません。それだけ、日本という国の行政は、外部の一見公的な組織に深く依存しており、その政治機関である保守政治家、自民党も含め一体不可分の関係にあると言えます。行政にとって有益な組織、都合の良い個人を表彰すれば、おのずと自民党支持組織関係者が多くなるのです。

私利を与え合う政治

 ここで示したような組織が行政や自民党に協力する理由は非常にシンプルで、結果的にそれが利益になるからです。たとえば商店街に交付される補助金などはわかりやすい例でしょう。学術用語で「レントシーキング」と呼びますが、自分たちの都合の良いようにルールを決めさせ、規制を作らせ、新規参入を抑えて既得権を享受するという構造はあらゆるところで見られます。そして、政治の現場でこれらの役を担っているのが自民党とその系列の保守系政治家です。

日本の勲章の最高位、大勲位菊花章頸飾(けいしょく)=国立公文書館で2016年5月、栗原俊雄撮影
日本の勲章の最高位、大勲位菊花章頸飾(けいしょく)=国立公文書館で2016年5月、栗原俊雄撮影

 はなさんは「自治体の議員さんがどんな活動や活躍をされているのか目にする機会はほとんどありませんが、知人と話していて『○○党の議員さんに、夜道が暗いと話したら、すぐに街灯がついた』というような話は聞いたことがあります。改善されるのはいいですが、どこも同じような問題かもしれないのに、そこだけというのはどうなのでしょう」と疑問を呈していました。

 ここで議員の「実績」を吹聴した方の立場や意図はわかりません。しかしたとえば、地方議員を支援している(抱えている)ような大地主が街灯の設置などの土木建設工事、公共事業の優先順位を変えることは、一市民が要望するよりもはるかにたやすいことは想像がつくでしょう。そのような人は、その議員の「実績」を喧伝(けんでん)して回り、議員の票を固めることで、自分の利益や影響力を維持しようと努めるでしょう。

 地元の名士と呼ばれる地主が中心となって町内会・自治会を運営し、自民党系の政治家を支援する例はよくあります。これにより町内会・自治会の“声”が行政に届きやすくなりますが、同時にその地域の価値が高まることにより地主は利益を得ます。歩道が広くなったり街灯が整備されたり、あわよくば近所に鉄道が延伸してくれば、その地域に土地を持ち、アパートを経営しているような地主は利益を得ることになるでしょう。

<参考記事>滋賀・草津の「まちづくり協議会」自民報告会を企画 年2400万円受領 条例抵触の恐れ

 そしてその利益や立場を用いて保守系政治家を支援し、自民党政権を根っこから支えているわけです。一方、たとえば地域の公共工事が後回しになれば不利益を被ることになりますから、地主や町内会が真っ向から保守政界に逆らうことは難しいです。いずれにしても、町内会・自治会のような“着ぐるみ”を着ていれば、その目的や実際がいかに私的なものであっても公的利益として扱われ、その活動は表彰の対象ともなるわけです。

 ちなみに、町内会・自治会は大政翼賛会下で全国的に制度化されたもので、隣組を内部に組織していました。その意味では、前編で言及した「秘密警察」のたとえは半分冗談ではありません。地主、大家、町内会関係者が持っている住民の個人情報は、政治家の後援会活動や選挙運動に利用されることがありますから。

 このような個人や特定集団間の互酬的な関係、継続的な“貸し借り”の関係に基づく政治・行政の性質を学術用語で「政治的クライエンテリズム」と呼びます。私利を与え合うことから半ば当然ですが、汚職や腐敗と関連付けて使われる言葉です。

 日本の政治では政治家と支持者で私利を与え合うことが定着しています。行政が保守政界と一体化しているため、公的リソースが私利の交換に流用されること、行政の「私物化」も見慣れた光景となっています。地元事務所が介在して支持者を歓待した首相主催の「お花見」は、この日本政治のあしき性質が首相官邸という国家中枢にまで及んでいることを示すものです。国の予算で支持者の私利を満たすことを疑問に思わない人々が、この国の政治、行政を担っているのですから、これを放置すればいずれ政治が腐敗し汚職が……と書こうとしているうちに時代のほうが先を行ってしまいました。悲しいことです。

<参考記事>IR汚職 秋元議員に要求重ね 贈賄側、参入目指し急接近IR、結局は政治献金になって政治家の利権に化ける

 いずれにしても、桜を見る会の問題は日本政治のむしばまれた基礎構造を露出させたものと言えます。問題が根深い分、今回のまとめは長くなりましたが、今後の政治を見る際のヒントになれば幸いです。

政治プレミアトップページはこちら

菅原琢

政治学者

1976年生まれ。東京大学先端科学技術研究センター准教授など歴任。専門は政治過程論。著書に「世論の曲解」、「平成史【完全版】」(共著)、「日本は「右傾化」したのか」(共著)など。戦後の衆参両院議員の国会での活動履歴や発言を一覧にしたウェブサイト「国会議員白書」https://kokkai.sugawarataku.net/を運営。