ウェッサイ・ミックス

「パラサイト」はなぜアカデミー賞作品賞を取れたのか

福永方人・ロサンゼルス特派員
  • 文字
  • 印刷
アカデミー賞受賞者に贈られるオスカー像を手に笑顔を見せるポン・ジュノ監督=米西部カリフォルニア州ハリウッドで2020年2月9日、AP
アカデミー賞受賞者に贈られるオスカー像を手に笑顔を見せるポン・ジュノ監督=米西部カリフォルニア州ハリウッドで2020年2月9日、AP

 2月9日の第92回米アカデミー賞授賞式で、格差社会を描いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)が、非英語作品では初の作品賞など最多の4冠に輝いた。米映画界で最も栄誉ある祭典で、韓国の長編映画は昨年までノミネートされたことすらなかったが、一気に最高賞まで射止めた。歴史的な快挙はなぜ生まれたのか。要因を探った。

 今年の作品賞候補は9作品。レオナルド・ディカプリオさんとブラッド・ピットさんが共演した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(クエンティン・タランティーノ監督)、ロバート・デニーロさんやアル・パチーノさんら重鎮俳優が顔をそろえた「アイリッシュマン」(マーティン・スコセッシ監督)など、例年以上に“派手”なラインアップとなった。

 その中で、最有力とみられていたのは「1917 命をかけた伝令」(サム・メンデス監督)。第一次世界大戦中の英国兵士の任務をワンカットのように描いた異色の戦争映画だ。アカデミー賞の前哨戦のうち、ゴールデン・グローブ賞や全米製作者組合(PGA)賞の作品賞などを受賞していた。一方のパラサイトは、全米映画俳優組合(SAG)賞で非英語作品として初めて最高賞のキャスト賞に選ばれるなど評価は高かったが、二番手の位置づけだった。

 ただ、逆転の予感はあった。授賞式前のレッドカーペットや記者会見室では、各国の映画関係者や記者が作品賞について「パラサイトが取るのでは」「パラサイトに取ってほしい」と話す声があちこちから聞こえてきた。

 ハリウッドのスター俳優や大物監督らが集結した授賞式会場も、パラサイトを応援する空気に満ちていた。各賞の候補としてパラサイトが紹介されるたびに大きな拍手が起こる。脚本賞、国際長編映画賞(旧・外国語映画賞)、監督賞とパラサイトが受賞を重ねると、いよいよ歴史が変わる瞬間を期待する緊張感が高まった。

 授賞式出席者の多くは主催団体「映画芸術科学アカデミー」の会員で、受賞作を決める投票権を持つ。もちろん、結果は授賞式当日までに決まっており、会場のムードが影響したわけではないが、パラサイトが会員に愛されていることが伝わってきた。

 作品賞発表後には、こんな心温まる場面もあった。パラサイトのプロデューサー、クァク・シネさんが受賞スピーチをした後、エグゼクティブプロデューサーのミキー・リーさんもマイクに近づこうとしたが、会場側が終了と判断したのか、ステージが暗くなってしまった。すると、ゲスト席の最前列に座っていた俳優のトム・ハンクスさんやシャーリーズ・セロンさんらが「アップ、アップ(照明をつけて)」と手ぶりを交えてコール。照明が再び点灯して盛り上がる中、リーさんは無事にスピーチをすることができた。

 500人以上が詰めかけた記者会見室でも、パラサイトの作品賞にこの日一番の拍手と歓声が上がった。以前からポン監督作品のファ…

この記事は有料記事です。

残り2143文字(全文3343文字)

福永方人

ロサンゼルス特派員

2002年入社。秋田支局、東京本社社会部、西部本社福岡本部などを経て19年4月からロサンゼルス特派員。西部本社時代は米軍基地問題など沖縄の取材も担当した。元高校球児で映画とヒップホップが好物。Twitter: @ho_jin Instagram: hojinfukunaga