拝啓 ベルリンより

私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

念佛明奈・ベルリン特派員
  • 文字
  • 印刷
マスク姿の女性が「無知の感染が拡大しています。身を守らなければならない!」と呼びかける皮肉が描かれた壁=ローマで2月6日、AP
マスク姿の女性が「無知の感染が拡大しています。身を守らなければならない!」と呼びかける皮肉が描かれた壁=ローマで2月6日、AP

 「中国人! コロナ!」

 出張で訪れたドイツ南部ミュンヘンの街中を歩いていると、すれ違いざまに非白人の青年2人が突然ドイツ語で声をかけてきた。立ち止まってドイツ語で「待って。私に何と言った? 私は日本人だよ。何か言いたいことがあるの?」と聞き返すと、ニヤニヤしていた2人は困ったように顔を見合わせて口ごもった。

 もちろん中国人と間違われたことに異を唱えたのではない。私も、街を歩く人々の国籍を言い当てる自信はない。本当に言いたかったのは、「誰であっても国や出身地を理由に侮蔑的に扱うのは理不尽だ。やめて」ということだ。

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、欧州でもアジア人差別の事例を耳にする。アジア人が全て中国や日本の出身者とは限らない。出身者だったとしても、母国を最近訪問したとは限らない。訪問していても、感染者とは限らない。そして、感染していても「○○人」「コロナ」と呼んでいいとは、やはり思えないのだ。

 まったくの偶然だが、ミュンヘンはナチ党が生まれた地だ。ヒトラーが演説をしたビアホールも残る。そのせいか、コロナと呼ばれた私の胸に、1月に聞いたある歴史家の言葉が浮かんできた。

 「アウシュビッツの悲劇は別の形で繰り返されるでしょう」

 インタビュー取材に応じてくれたベルリン工科大・反ユダヤ主義研究センターのユリアーネ・ウェッツェル上級研究員の言葉だ。2020年は第二次世界大戦が終わって75年。ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の象徴ともなったアウシュビッツ強制収容所も1945年、ソ連軍により解放された。

 ウェッツェルさんに、ドイツでアウシュビッツの悲劇が繰り返される恐れはあるかと聞いて返ってきたのがこの警鐘だった。「ユダヤ人だから」という理由で起こった忌まわしい差別は、今度は「イスラム教徒だから」という形に姿を変えて起こり得るという意味だ。

 欧州でイスラム教徒への嫌悪が始まったきっかけは、01年のイスラム過激派組織による米同時多発テロ事件だという。その後の20年間で「イスラム嫌悪や外国人嫌悪は強まっている」。特にインターネット上では、ユダヤ人以上にイスラム教徒が被害を受けているという。

 ドイツでは歴史に対する反省に基づいて、ユダヤ人虐殺の事実を否定することは禁止されており、ヘイトスピーチに対しても刑法で規制している。歴史を直視し、過去と決別する覚悟を持った国でも、次の差別のわなが待っているのかもしれないのだ。

 またメディアがここ数年、イスラムを背景に持つ若者が起こす事件などに注目しがちで、実際には関係のない事件でもイスラムと結びつける傾向があるという指摘に、私はどきりとした。「アジア人=コロナ」とくくられてみるまで、イスラム教徒に対する差別問題はどこか縁遠く感じ、こうしたメディアの風潮自体に、私も疑問を投げかけてきたとは言えないからだ。

 「今、明確…

この記事は有料記事です。

残り3044文字(全文4244文字)

念佛明奈

ベルリン特派員

1980年生まれ。振り出しは盛岡支局。政治部、大阪社会部、外信部を経て19年4月からベルリン支局。夫と長男の3人暮らし。