ベストコメント

<編集部の秀逸>「小川 太郎」さん

  • 文字
  • 印刷
馬淵澄夫氏=北山夏帆撮影
馬淵澄夫氏=北山夏帆撮影

投稿元の記事

「小川 太郎」さんのコメント

 消費税は出来ることなら払いたくない。しかし、そのツケを子ども達や、老後の自分に回したくはない。

そう思いながら消費税を払っている人、多いのではないだろうか。

私が有権者として国会議員や政党に求めたいのは、要望に応えられる税制の選択肢、またそれぞれの選択肢に対するメリット・デメリットの提示だ。

更に、その上でどの案がオススメ、といった提案が政党ごとになされるのであれば一層ありがたい。会社勤めの毎日では、こういった大きな政治問題に対し、自分で調べて答えを出す、というところまではなかなか辿り着けないから。

馬淵さん自身が当コラムの中で「さまざまな選択肢があるなかで、一番わかりやすく、かつ喜んでもらえるという政策を見つけ出したい。」と書かれている。

ただ、往々にして政治家や政党はそれら選択肢も政策も、有権者に対し出し惜しみする傾向にあるように思う。結果、有権者は政党に対する違いを見つけ出せずにいる。

「現政権打倒」のスローガンやその方法論ばかりが先行するのではなく、政策としての具体的な選択肢を示していくことこそ、対抗馬としての力量を有権者に納得させる近道ではないか。