新型コロナ

ロックダウンとアンダーコントロール

高橋千鶴子・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
高橋千鶴子衆院議員=高橋恵子撮影
高橋千鶴子衆院議員=高橋恵子撮影

 東京オリパラを1年延期すると決めたのは3月24日。前日、小池百合子・東京都知事は突然、「このままではロックダウン」と記者会見した。それまで安倍晋三首相は、「完全な形での」オリンピック開催に言及し、「延期よね?」と誰もが思っていた。どうにも「科学」ではなく「政治」判断、それも極めてご都合主義のような気がする。

 首相は「長期戦を覚悟していただく必要がある」とも述べた。開催日時を1年後の7月23日と決めてしまって大丈夫なのか?

 忘れられないのは、2013年9月7日、ブエノスアイレスでの国際オリンピック委員会総会での首相の演説だ。「Some may have concerns about Fukushima. Let me assure you, the situation is under control.」「私から保証をいたします。状況は、統御されています」

 アンダーコントロールは汚染水の話…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文1013文字)

高橋千鶴子

衆院議員

1959年生まれ。高校教師、青森県議を経て2003年衆院選初当選。共産党国土交通部会長。衆院比例代表東北ブロック、当選6回。