コロナとの戦いに打ち勝つのは自由か、強権か

手嶋龍一・外交ジャーナリスト・作家
  • 文字
  • 印刷
手嶋龍一氏
手嶋龍一氏

 ナイヤガラの瀑布(ばくふ)を思わせるような暴落だった。

 週明けの月曜日、ニューヨークの株式市場は、香港、東京市場の急落を受けて、売り注文が殺到し、主要銘柄すら値がつかない。ついにダウ平均株価は前の週に比べて22%余りも下落していった。ワシントン特派員だった筆者は、株価が点滅するボード前にぼうぜんと立ち尽くす人々の表情をいまも忘れない。1987年10月のブラックマンデーはこうして始まった。

 ニューヨークの株式市場が機能不全に陥るなか、シカゴのマーカンタイル取引所はひとり商い続けた。

 「市場を閉めることなど露ほども考えなかった」

 いまや米国を代表する金融先物S&P500を初めて上場したマーカンタイル取引所の理事長だったレオ・メラメド氏は後にこう述懐している。

 そのわけを尋ねられたメラメド氏は「スギハラ・サバイバーだったからだ」と即座に答えたのだった。

 メラメド一家は、ナチス・ドイツ軍が祖国ポーランドに侵攻するや、隣国リトアニアに逃れたユダヤ難民だった。暫定首都カウナスにあった日本領事館に日参して、領事代理だった杉原千畝から通過査証を発給してもらった。

 レオ少年はその時8歳、両親と共にモスクワからシベリア鉄道でウラジオストクにたどり着き、日本海を渡って敦賀港に上陸した。そして真珠湾攻撃の直前に横浜港からアメリカに逃れた。本国政府の訓令にあらがって杉原が発給した査証はまさしく「命のビザ」…

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1746文字)

手嶋龍一

外交ジャーナリスト・作家

1949年生まれ。NHKワシントン支局長として同時多発テロ事件の11日間にわたる中継放送を担う。NHKから独立後、インテリジェンス小説「ウルトラ・ダラー」を上梓(じょうし)してベストセラーに。慶応大学教授としてインテリジェンス戦略論を担当。「たそがれゆく日米同盟」「ブラック・スワン降臨」(新潮社)「汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師」(マガジンハウス)など著書多数。