ベストコメント

<編集部の秀逸>「匿名」さん

  • 文字
  • 印刷
井上義久氏=岡本同世撮影
井上義久氏=岡本同世撮影

投稿元の記事

新型コロナ対策 地方選挙延期法案は民主主義の基盤を守る

「匿名」さんのコメント

 反対.非常事態宣言下では選挙はしないというなら,もし(本物の)戦争になったら選挙を戦争終結までやらなくてすむではないか.ましてや,今は自粛といえど会社通勤して電車・バス・車が動いている状況なのだ.スマホ経由でネットを通した不在者投票を認めればそれですむ.もちろんネット調査のような重複検出なしの不正行為を防ぐ仕掛けは必要だ.喫緊の都知事選は,不在者投票受付場所を増やす,他者コメントのように時間帯を分けて投票する,それで済む.都知事自身が自分に有利ならそのままやり,不利なら延期したいだろうから,当事者が介入できないようにする必要がある.あえて言えば,知事選については法の指定する期限から最大1か月の遅延を総務省が選挙管理委員会とともに認めた場合を許す,程度だろう.投票率が低くても議会制民主主義の基盤は揺るがない.選挙を無期限に延期できることのほうが,権力者の正統性を否定する.あとは有権者次第だろう.投票率が20%を下回る事態なら選挙できずに知事不在でも良かろうとは,思う.知事が国政に出て不在になって代行,という例はあったのでは.