緊急事態条項は必要 国の権限を明確に

中谷元・元防衛相
  • 文字
  • 印刷
中谷元氏=内藤絵美撮影
中谷元氏=内藤絵美撮影

 4月に政府が緊急事態宣言を発令した。その根拠となった改正新型インフルエンザ等対策特別措置法には三つの問題がある。

 一つ目は緊急事態の要件として「全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼし、またはそのおそれがあるもの」と規定されている。そうした事態になるまで待たなければいけない。今回も本来ならば1カ月以上前に発令しなければならなかったのに、非常に遅れたと批判されている。

 二つ目は強制力がない。罰則も罰金もない。だから自粛を要請しても補償がない。

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1540文字)

中谷元

元防衛相

1957年生まれ。90年衆院初当選。防衛庁長官、防衛相などを歴任。自民党憲法改正推進本部長特別補佐。衆院高知1区、当選10回。自民党。