衆院比例代表「73歳定年制」堅持を 多様性のある自民に

小林史明・自民党青年局長
  • 文字
  • 印刷
小林史明氏=須藤孝撮影
小林史明氏=須藤孝撮影

 自民党のベテラン議員有志の方々が、党が内規で定める衆院比例代表候補の73歳定年制を見直すよう二階俊博幹事長らに申し入れをされた。報道で知って非常に驚いた。青年局として定年制の堅持を強く求めたい。

多様な人材にチャンスを

 73歳定年制はあくまで衆院比例代表が対象だ。小選挙区に定年はない。73歳を過ぎると比例代表との重複立候補ができなくなる制度だ。

 小選挙区は個人名を書いてもらう選挙だが、比例代表は党への支持を元に、当落が決まる。だからこそ、国民の期待に応えられるよう、どのような組織を作っていくか、党の戦略で決めるべきものだ。だから多様な人材を受け入れられるように、新しくチャレンジする人、あるいはさまざまな事情から選挙区で地盤が強くない人に機会を作る意味がある。

この記事は有料記事です。

残り1946文字(全文2279文字)

小林史明

自民党青年局長

1983年生まれ。NTTドコモを経て、2012年衆院初当選。総務政務官兼内閣府政務官などを歴任。自民党青年局長、自民党行政改革推進本部本部長補佐。衆院広島7区、当選3回。自民党岸田派。