河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

階猛・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
階猛氏=岡本同世撮影
階猛氏=岡本同世撮影

 河井克行前法相=衆院広島3区=と妻の案里参院議員=広島選挙区=が公職選挙法違反(買収)の疑いで、東京地検特捜部に逮捕された。法相経験者の逮捕は戦後初めてとされ、国会議員の夫婦がそろって逮捕される前代未聞の事件だ。しかし、この事件はそれだけにとどまらない。自民党から1億5000万円という巨額の選挙資金が党本部から案里陣営に資金提供されており、それが買収資金に使われた可能性がある。なぜ1億5000万円ものカネを提供したのか、そしてそれがどのように使われたのか。党総裁である安倍晋三首相の資質に直結する問題であり、首相は法相の任命責任はもちろん、これらについて、しっかりと説明する責任を果たさなければならない。

 逮捕容疑は、案里容疑者が初当選した昨年の参院選で、票を取りまとめてもらうため、現金計約2570万円を後援会関係者や地元議員らに配ったという疑いだ。法相は検察を所管しており、法の番人とも言える立場。その立場だった人が法を犯していたという笑えない事件であり、それだけ衝撃が大きい。夫妻とも即刻、議員辞職すべきだろう。「推定無罪」が原則なので、刑事責任については今後の裁判次第だが、それ以前に、国政や広島…

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1720文字)

階猛

衆院議員

 1966年生まれ。銀行員などを経て2007年衆院補選で初当選。総務政務官、民進党政調会長、国民民主党憲法調査会長などを歴任。無所属(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)。衆院岩手1区、当選5回。