「香港」にみる問題の本質 凋落する米国の理念

手嶋龍一・外交ジャーナリスト・作家
  • 文字
  • 印刷
手嶋龍一さん
手嶋龍一さん

 あれはブナの木々が烈風にしなる冬の日だった。カナダ国境に近い小さな村、ハーツロケーション。全米に先駆けて予備選挙を行うニューハンプシャー州でも、雪に埋もれたこの村は、午前0時を期して40人ほどの村人が一斉に投票する。「全米でいちばん早く大統領を選ぶ村」なのである。投票日を前にした対話集会にはほぼすべての住民が集まってきた。民主党の大統領候補選びで、現職のアル・ゴア副大統領に挑むビル・ブラッドレー元上院議員と議論を交わすためだった。

 「アメリカは豊かさのゆえに偉大なのではない。その豊かさを良きことに振り向けるがゆえに偉大なのだ」

 幾多の財政改革を手がけてきたブラッドレー元議員は、連邦税が死ぬほど嫌いな村人を前に「貧しき人々のためにこそ血税を」と語りかけ、熱い討論は夜が更けても続けられた。ブッシュ対ゴアの歴史的接戦となった2000年選挙での出来事だった。

 「アメリカのデモクラシーの良き伝統とは」と問われれば、真っ先にあの日の光景を挙げたいと思う。清教徒の末裔(まつえい)が暮らすこの大地こそ、精神の独立王国であり、連邦政府の介入は許さない――。アメリカ独立革命の伝統を色濃く受け継ぐ人々が、共和制の裾野を支えている様を目の当たりにして心打たれた。

 香港の「1国2制度」は、中国への返還後も50年間は維持される。1984年の「中英共同声明」こそ、香港に独自な制度を保証した。対中交渉をまとめたのは英国だが、声明には米国の意向がくっきりと投影されていた。「1国2制度」を裏書きしたのは米国であっ…

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1593文字)

手嶋龍一

外交ジャーナリスト・作家

1949年生まれ。NHKワシントン支局長として同時多発テロ事件の11日間にわたる中継放送を担う。NHKから独立後、インテリジェンス小説「ウルトラ・ダラー」を上梓(じょうし)してベストセラーに。慶応大学教授としてインテリジェンス戦略論を担当。「たそがれゆく日米同盟」「ブラック・スワン降臨」(新潮社)「汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師」(マガジンハウス)など著書多数。