ベストコメント

<編集部の秀逸>「小川 太郎」さん

  • 文字
  • 印刷
田中均氏=根岸基弘撮影
田中均氏=根岸基弘撮影

投稿元の記事

説明責任と透明性を欠く政治の弊害は大きい

「小川 太郎」さんのコメント

 説明責任と透明性、いずれも政権が当然具えるべき機能だと思う。

またそれらが安倍政権では根本的に抜け落ちているというのも、全く田中さんの仰る通りだと思う。

一方、近年の歴代内閣で説明責任と透明性を十分に保ちながら満足の行く政治的成果を残せた首相はいただろうか。

「次の政権に望むこと」で田中さんが仰るように、説明責任と、政策実行に必要な推進力・求心力は相互に補完しあう関係であるべきだ。

ところが近年の政権では、両者が互いに足を引っ張りあってしまっているように思う。

両者はある部分でトレードオフの関係でもあるので、世論を十分に汲み取りながら上手くバランスを取っていく政権運営能力が内閣には求められる。しかしそれは恐らくとても難しいことだ。

結局のところ、安倍政権もバランスを読み違えたのだと思う。読み違いにもっと早く気付いていれば、立て直すこともできたかもしれない。

日本の状況的に、次の内閣で失敗されるわけにはいかない。そのためにも、我々有権者はどこまでがOKでどこからがNO、という線引きを可能な限り事前に政権へ表明していく必要がある。

新聞の世論調査がその役割を担うことを期待している。