韓流パラダイム

ソウル市長の常習セクハラを放置した民主化世代の死角

堀山明子・ソウル支局長
  • 文字
  • 印刷
7月13日午前に営まれた朴元淳市長の死去に伴うソウル特別市葬。「時代とともに、市民とともに」と書かれている。混乱を避けるため会場参加者は少数に限定し、市はオンラインで中継した=ユーチューブ画面より
7月13日午前に営まれた朴元淳市長の死去に伴うソウル特別市葬。「時代とともに、市民とともに」と書かれている。混乱を避けるため会場参加者は少数に限定し、市はオンラインで中継した=ユーチューブ画面より

 「すべて、さいなら」。元秘書の女性からセクハラで刑事告発された翌日の7月9日に自殺した朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長(享年64)は、信じられないほど軽い口調の遺書を残していた。人権派弁護士から市民運動活動家、政界進出へと、韓国民主化運動の発展とともに権力の階段を上り続けたカリスマ的リーダーとしてのイメージとはかけ離れた人生の終わり方だった。

 韓国の市民社会は「不可解な死」をまだ受け止め切れていない。セクハラ防止策を全国に先駆けて導入してきた市長が、部下を性的な癒やし相手のように見て接していたことが第一の驚きだ(具体的内容は後述する)。さらに、元秘書が市幹部に助けを求めていたものの、それが数年にわたり放置されてきたことでダブルのショックとなった。女性団体は「市長が亡くなれば、構造的問題がなくなるわけでも、被害者の人権が回復するわけでもない」と訴えている。政治的には進歩的でも、男尊女卑的な意識や慣習を脱皮できずにいる「民主化運動世代」の意識が、公然と批判される事態となった。

 遺書は市長公邸の机の上で発見された。短いので、まずは全文を紹介する。

 「すべての方々におわびします。人生をともにしてくれた方々に感謝します。苦労ばかりかけた家族には、ずっと、すまない気持ちだ。火葬して両親の墓にまいてくれ。すべて、さいなら」

 最後は「アンニョンヒケセヨ」の省略形「アンニョン」で終わる。「さらば」「あばよ」と片手をサッと上げるイメージかと思ったら、韓国人記者に言わせると「そんなに格好良くない。60代が使うとは思えない軽い口調」だという。とりあえず「さいなら」と訳したが、「バイバイ」というニュアンスのほうが近いかもしれない。「すべて、さいなら」の「すべて」は、「すべての皆さん」の意味なのか、「人生のすべて」なのか、どちらにも読める。

 インターネットの掲示板でも「最後の言葉は違和感がある」…

この記事は有料記事です。

残り5421文字(全文6221文字)

堀山明子

ソウル支局長

1967年生まれ。91年入社。静岡支局、夕刊編集部、政治部などを経て2004年4月からソウル支局特派員。北朝鮮核問題を巡る6カ国協議などを取材した。11年5月からロサンゼルス特派員。18年4月から現職。