在沖米軍のコロナ感染 米軍は徹底した情報開示を

國場幸之助・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
国場幸之助氏=須藤孝撮影
国場幸之助氏=須藤孝撮影

 在沖米軍基地で新型コロナウイルスの感染者が多発している。沖縄県民にとって一番身近な外国は台湾や中国ではなく「アメリカ」だ。基地の中で働いている県民が約9000人おり、軍人軍属とその家族が基地の内外に約5万人いるといわれている。基地の近くではコンビニエンスストアでもドルが使える。週末になれば多くの米軍関係者が居酒屋にやってくる。県民の生活空間と米軍関係者の行動領域は大きく重なり合っている。それだけに米軍基地での感染拡大を県民はとても不安に思っている。

この記事は有料記事です。

残り1431文字(全文1658文字)

國場幸之助

衆院議員

1973年生まれ。沖縄県議を経て2012年衆院初当選。自民党副幹事長などを歴任。比例九州、当選3回。自民党岸田派。