ベストコメント

<編集部の秀逸>「雨そして青空」さん

  • 文字
  • 印刷
山田太郎氏=岡本同世撮影
山田太郎氏=岡本同世撮影

投稿元の記事

少子化、現実直視した政策立案と検証を 大綱「作りっぱなし」ではいけない

「雨そして青空」さんのコメント

 少子化問題で議論するのはいつも「数」の事ばかり。子育てをしていない人達にとっては、数が増えるか否かは大問題なのかは分かりますが、子供がきちんとした納税者に成長するには、最低でも20年の歳月がかかるということを理解されているのでしょうか。それだけの手間や時間をかけ、成長した後も責任をもって社会に送り出す「功績」を政治家や日本社会はどれだけ考慮しているのでしょうか。あーきさんのコメントでも書かれていますが「育児、家事、介護など収入の発生しないことがまるで価値のないものであるように誤解されていないでしょうか」とあるように、この国のケア労働は無償の上、価値が認められていない。そんな事に誰が身を削り、収入を削り奉仕したいと思うのでしょうか。当然、子供など産まず、あるいは産んだとしても少なくし、自己実現をして高い報酬を得たいと思うのは自然の事でしょう。

子育ては本来、とても幸せな事です。まず、利害一辺倒の考えから見直すべきですし、男性の育児、家事、介護の参加をもっと増やすべく、社会のあり方を変える時ではないかと思います。