香港国家安全法は「天安門」の再来 日本とは相いれない価値観だ

宇都隆史・参院議員
  • 文字
  • 印刷
宇都隆史氏=須藤孝撮影
宇都隆史氏=須藤孝撮影

 中国は1984年の英中共同宣言で、香港の返還(97年)後、50年間は1国2制度を維持するということを国際的にも公約した。にもかかわらず中国は、1国2制度を変える香港国家安全維持法を一方的に全国人民代表大会常務委員会で可決した。

 昨年からの香港民主化要求デモへの対応だ。中国軍が介入する形にはなっていないが、かつての天安門事件を思わせる事態だ。やはり中国という国は、我々とは相いれない価値観を持っているということが明確になった。

 しかし、それ以降、香港の株価は上昇気味で、資金流出も起きていない。香港のビジネス層は、比較的冷静に受け止めているとの見方もある。

この記事は有料記事です。

残り2220文字(全文2499文字)

宇都隆史

参院議員

1974年生まれ。自衛官を経て2010年参院初当選。外務政務官、参院外交防衛委員長などを歴任。参院比例代表、当選2回。自民党竹下派。