中東・砂の迷宮から

揺れる「独裁国家」ベラルーシの知られざる実像

真野森作・カイロ特派員
  • 文字
  • 印刷
ウクライナ大統領の就任式後、記者団に囲まれるベラルーシのルカシェンコ大統領(中央)=キエフで2014年6月7日、真野森作撮影
ウクライナ大統領の就任式後、記者団に囲まれるベラルーシのルカシェンコ大統領(中央)=キエフで2014年6月7日、真野森作撮影

 四半世紀にわたって独裁政治を続けるアレクサンドル・ルカシェンコ大統領(65)の退陣を求め、市民の抗議デモが大きなうねりとなっている旧ソ連のベラルーシ。同じ東スラブ民族主体の大国ロシアやウクライナに比べると、日本ではあまり知られていない。私は2013~17年のモスクワ特派員時代に複数回、現地で国際会議などを取材した。ベラルーシの実像の一端を紹介したい。

この記事は有料記事です。

残り3298文字(全文3475文字)

真野森作

カイロ特派員

1979年生まれ。2001年入社。北海道報道部、東京社会部などを経て、13~17年にモスクワ特派員。ウクライナ危機を現場取材した。20年4月からカイロ特派員として中東・北アフリカ諸国を担当。著書に「ルポ プーチンの戦争」(筑摩選書)がある。