被害者に落ち度はない 性暴力撲滅のための教育を

宮路拓馬・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
宮路拓馬氏=岡本同世撮影
宮路拓馬氏=岡本同世撮影

 2017年7月に施行された性犯罪の厳罰化などを盛り込んだ改正刑法には、施行後3年をめどに政府に検討を求める付則が設けられており、性犯罪の要件となる「暴行脅迫」「抗拒不能(=抵抗が困難な状態)」の見直しなどが議論されている。

 ただ、刑法の見直しだけでは犯罪を未然に防ぐという点で不十分だ。性暴力・性犯罪をゼロにするために「被害者にならない」「加害者にならない」「傍観者にならない」ための教育「生命の安全教育」に取り組んでいかなければならない。

 被害者にならないようにするには、年齢に応じて、自分の身を守ることの重要性や嫌なことをされたらSOSを出すことの必要性をしっかりと教える必要がある。例えば「水着で隠れる部分は触らない、触らせない。触られたら大人に言う」といったことなどは、幼児期から学ぶ必要がある。自分がされたことを理解できぬまま、トラウマになってしまう子どももいるからだ。

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1740文字)

宮路拓馬

衆院議員

 1979年生まれ。広島市財政課長、総務省秘書課課長補佐などを経て2014年衆院選で初当選。衆院比例九州、当選2回。自民党石原派。