核燃料サイクルが必要な一番の理由

伊佐進一・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
伊佐進一氏=伊藤奈々恵撮影
伊佐進一氏=伊藤奈々恵撮影

 原発を推進するにしろ、廃止するにしろ、人類が必ず解決しなければいけない大きな問題は、核の「ごみの問題」です。核燃料サイクルは、原発で使い終わった使用済み核燃料を再処理することで、まだ使える燃料を取り出し、再利用によって「ごみ」が新たに発生する量を減らすことができます。

 もちろん、今この瞬間に原発を止めるのであれば、核燃料サイクルをする必要はありません。「再利用」といえど、新たなごみは出てしまうので、今ある使用済み核燃料をそのまま直接処分した方がよいと思います

 ところが、現実的に今の日本のエネルギー事情を考えると、依存度を下げることを目指すにしても、しばらくの間は原発を使い続けることになるでしょう。数年という短い単位ではないと思います。エネルギー基本計画では、原子力への依存度をできる限り下げながらも、原子力の割合を2030年度に20~22%にすることを目指しています。ある程度の期間、原発を使い続ける以上、やはり使える技術は使った方がいいし、ごみの量は減らした方がいい。そう考えると、核燃料サイクルは重要な選択肢の一つだと思います。

 本当に、原発をこの瞬間に止めることは選択肢でないのか、これまで議論が積み重ねられてきました。もちろん安全であることが大前提ですが、エネルギーの安定供給、経済効率性、環境の観点を考えると、やはり原発をこの瞬間に止めることは難しいでしょう。

 原発は今、日本でベースロード(基幹)電源としての役割を果たしています。つまり、天候や原料の市場価格に左右されず、安定的に電力を生み出すことができる貴重な電源です。これだけ災害が激甚化し、気候変動の影響がますます大きくなっている現状において、二酸化炭素を増やす火力発電を維持・増強していくことは世界からも容認されないでしょう。すべてを再生可能エネルギーにできればそれに越したことはありませんが、実際は再生可能エネルギー由来の電源には、火力発電由来の電源がバックアップで必要となることはよく知られています。

 つまり、天候によって太陽光や風力などからの発電量が減った場合に、それを補う火力発電などをすぐに立ち上げられるようスタンバイする必要が出てきます。長時間の日照時間が安定的に見込まれる地域ならまだしも、豊かで多様な気候の日本の環境では難しいでしょう。コスト面でも、原子力の発電コストは1キロワット時あたり10.1円(事故対応リスクを含む)であり、石油火力(30.6~43.4円)、太陽光(24.2円)や風力(21.6円)などほかのものよりも安価です。実際、原発の再稼働によって、関西電力や九州電力は電気料金を下げています。経済効率性の観点、環境の観点でも、やはり今この瞬間に原発に停止することは最適解と思えません。

 原発を今後も一定期間、使い続ける必要があるという前提で、今一度、核燃料サイクルの必要性について述べていきます。

今、日本に…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文2030文字)

伊佐進一

衆院議員

1974年生まれ。文部科学省職員を経て、2012年衆院選初当選。公明党厚生労働部会長。衆院大阪6区、当選3回。