米中の外交攻勢にさらされる日本

手嶋龍一・外交ジャーナリスト・作家
  • 文字
  • 印刷
手嶋龍一氏=手嶋メディアオフィス提供
手嶋龍一氏=手嶋メディアオフィス提供

 中国を巡って巻き起こる波頭がいま、日本列島をのみ込もうとしている。習近平主席が率いる中国が、東アジアの四つの海域で同時に演習を実施し、台湾海峡を制圧する構えを見せ、香港の「1国2制度」を葬り去った。東アジア周辺の波浪は一層高まりつつある。

 反中国感情を煽(あお)る震源地は、大統領選が終盤に差しかかった米国だ。トランプ大統領は、新型コロナウイルスを一貫して軽視し、その果てに自らが感染してしまった。この「オクトーバー・サプライズ」によって、ラストベルト地帯や南部のフロリダ、アリゾナなど激戦州では、共和党のトランプ候補が民主党のバイデン候補の攻勢にあい、軒並み苦戦を強いられている。コロナ禍が戦いの行方を左右しているのである。それゆえ、共和党のトランプ陣営は、21万人もの命を奪った感染症を「チャイナ・ウイルス」と呼び、反中国キャンペーンに熱をあげている。強権国家ゆえに情報を隠蔽(いんぺい)し、世界にウイルスをまき散らした中国に償いをさせると主張する。

 一方の民主党のバイデン陣営も、アメリカの草の根に反中感情が行き渡っていることを肌で感じ取っているのだろう。我こそがより中国に強硬だとアピールし、選挙戦は、共和、民主のいずれの陣営が中国によりタフかを競う戦いとなりつつある。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1358文字)

手嶋龍一

外交ジャーナリスト・作家

1949年生まれ。NHKワシントン支局長として同時多発テロ事件の11日間にわたる中継放送を担う。NHKから独立後、インテリジェンス小説「ウルトラ・ダラー」を上梓(じょうし)してベストセラーに。慶応大学教授としてインテリジェンス戦略論を担当。「たそがれゆく日米同盟」「ブラック・スワン降臨」(新潮社)「汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師」(マガジンハウス)など著書多数。