TikTokは安全か 経済安全保障上の脅威へ「遮断」ではない対応を

中山展宏・前外務政務官
  • 文字
  • 印刷
中山展宏氏=岡本同世撮影
中山展宏氏=岡本同世撮影

 デジタル化が進み、社会のあらゆる分野でITシステム・サービスが浸透している。多くの人々と距離を超え、常時つながることができるSNSなどコミュニケーションの方法も変わった。今後も加速度的にデジタル化は暮らしや経済社会へ拡張され、より深く進展していくだろう。しかし、その一方で外国製のアプリやシステムに関し、多くの安全保障上の脅威が危惧されていることを忘れてはならない。

 特に懸念されるのは、中国が2017年に施行した「国家情報法」の存在だ。同法は、国家の安全保障と利益のため、国内外の組織・個人による情報工作活動への協力を義務化した。

この記事は有料記事です。

残り1743文字(全文2010文字)

中山展宏

前外務政務官

1968年生まれ。証券会社社員、衆院議員秘書などを経て2012年衆院選で初当選。自民党国際局次長、外務政務官などを歴任。衆院比例南関東、当選3回。自民党麻生派。