国民の声で日本の種子を守る

山田正彦・元農相
  • 文字
  • 印刷
山田正彦氏=須藤孝撮影
山田正彦氏=須藤孝撮影

 種苗法改正案をめぐっては、柴咲コウさんがツイッターで発信したことで世論の関心が非常に高まった。

 柴咲さんのツイッターは種苗法改正案に賛成する、反対するということではなく、よく議論をしようということだった。私自身は種苗法改正案に反対の立場だけれども、柴咲さんの呼びかけはとてもよいことだったと思う。

 コロナ危機で混乱している時に、十分な審議もせず、あっという間に国会を通してしまうようなことこそ、一番やってはいけない。

 今回の改正案のポイントは、農産物の品種を開発した「育成者」の権利の保護を強化することだ。農産物には地域で作られてきた伝統的な品種もあれば、新たに開発された品種もある。新たに開発された品種の権利を守るために登録品種という枠組みがある。今回の改正は、この登録品種について、農家が自分で作って収穫した作物の中から種子を自分で採って植える自家増殖・自家採種を原則として登録品種で保護期間の残っているものは一…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1534文字)

山田正彦

元農相

 1942年生まれ。93年衆院初当選、衆院当選5回。2012年衆院選で落選。民主党政権で副農相、農相などを歴任した。